不用品買取業者、リサイクル業者の上手な利用方法 

みなさんは不用品の処分で悩まれたことはありませんか?

不用品がたくさんあるため、処分するには高い料金がかかってしまうんじゃないかと心配している人が少なからずいると思います。

この記事では、不用品をなるべく安い料金で処分するための方法を解説していきます。また、不用品回収業者を利用するメリットと、注意しなければいけない点をそれぞれ解説していきますので、今後不用品を処分しようと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

目次

不用品回収業者にかかる料金の仕組みを理解しよう

不用品回収業者を利用する際に、とにかく安い業者を利用して金銭的な負担を減らしたいと考えるはずです。

安い不用品回収業者を探す前に、まず最初に不用品回収の料金の仕組みを理解しておくことが大切です。
ここでは、不用品回収業者の料金の仕組みについてご説明します。

不用品回収業者で料金が発生する項目とは?

不用品回収業者の料金の項目を大きく分けると、車両費、人件費、処分費の3つに分かれています。料金の項目のそれぞれを解説します。

料金項目1:車両費

不用品を回収するには車両の手配が必要になりますので、車両費は必ずかります。相場としては軽トラックなら3,000円~4,000円程度、2トントラックが必要な場合は8,000円程度必要となってきます。

料金項目2:人件費

不用品を運んだり仕分けたりするためには人手が必要なので、人件費もかかります。一般的な作業の相場として、1時間あたり3,000円程度です。重量物を扱う場合は、1時間あたり5,000円程度となる場合があります。

料金項目3:処分費

不用品の廃棄には料金が発生します。ですので、処分費用として料金が発生します。一般廃棄物の相場は10kgあたり300円程度であるのに対し、産業廃棄物の相場は10kgあたり500円程度です。

一般的な料金プランを紹介

不用品回収業者の料金プランは、業者によって定額プランや品目別プランなどに分かれています。
以下では、それぞれの料金プランの詳細を解説します。

定額プランの場合 

不用品回収業者は、それぞれの基準で定額プランが設定されています。料金例として宮城県仙台市で活動を行っている不用品買取業者を例として挙げています。

車輌の種類リサイクルショップみやぎエコキューブ
軽トラ20,000円19,800円
2トントラック34,000円59,800円
4トントラック58,000円要見積もり

品目別プランの場合

回収する不用品の品目に応じて料金が決まるプランです。たとえば、タンスは3,000円、本棚は4,000円などと料金が設定されています。なお、基本料金に加えて、品目別の料金が加算される仕組みです。回収を依頼する不用品の状態によっても、料金が変化する可能性があります。

安い料金で不用品回収する方法とは?

できるだけ安い料金で不用品を回収してもらいたいですよね?

そこで安く依頼する方法として、具体的な方法をご紹介します。少し手間はかかりますが安くなるために非常に重要なことですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

安くなるポイント①間接業者を挟まずに直接不用品回収業者へ相談する

安い料金にする方法として、基本的な事は直接不用品回収業者に依頼することです。間接業者を仲介すると、その分手数料が発生してしまい割高になってしまいます。

不用品回収業者のほとんどは直接相談を受け付けていますので、インターネットなどで業者を探し、依頼したいところを見つけたら直接連絡しましょう。

安くなるポイント②複数社で相見積もりを取る

複数社から見積もりを取る事で、業者の料金を比較することができ最も安い金額を提示した業者を選択することができます。一社でしか見積もりを取らなかった場合、割高な料金を提示されていても気付けません。

ここで注意してほしいのが、不用品回収の料金は実物を見ないと判断できない部分もあるため、実際の料金は見積もり以上の金額が請求される可能性もあります。

もし、回収できるかわからない不安な物があれば、必ず見積もり時に業者に伝えておきましょう。

安くなるポイント③料金の値下げをお願いする

少しでも料金を下げるためには、値下げ交渉するのも効果的です。相見積もりをしている場合、より安い料金を示している他社の見積もりを提示すると、値下げ交渉を有利に進めやすくなります。最初に見積もりを取る場合は、他社も検討していることを強調しましょう。

安くなるポイント④ゴミの分別をしておく

たくさんの不用品の回収を依頼するときは、できる範囲であらかじめ分別しておきましょう。分別しておくと不用品回収業者の手間や作業時間が減るため、人件費を下げられ料金が安くなる場合があります。分別するときは素材ごとに分けると業者の手間が省けます。素材ごとに袋に分けて入れ、不用品回収業者がすぐに確認できるようにしておきましょう。

安くなるポイント⑤買取りサービスを利用する

不用品買取サービスを利用すれば、買取額が依頼料金から引かれます。もし高額商品があれば依頼料金を上回り現金を受け取ることもあります。また、自分で運べるものならリサイクルショップに持ち込むことも可能ですが、大型のものの場合は業者に来てもらい買取を行ってもらうほうが効率的になります。

不用品回収サービスで買取を行っている業者は、WEBサイトなどでチェックしたり直接電話で確認してみましょう。

安くなるポイント⑥オプションサービスの利用を控える

不用品回収業者の中には、それぞれのプランに追加できるオプションサービスを用意しているところもあります。たとえば、解体費用や階段の上げ下げについては、オプションで対応しているケースもあります。

料金を安く抑えるためには、オプションサービスをなるべく使わないようにすることが大切です。また、基本料金の中に様々なサービスが含まれているかチェックする事もオススメします。業者のWEBサイトを見ても料金内容にどれだけのサービスが含まれているかわからない場合は、直接電話をして聞いてみましょう。

安くなるポイント⑦不用品を外に出しておく

回収をしてもらいたい不用品を予めまとめて外に出しておくことで、業作の作業時間を短縮することができます。そうなると不用品回収にかかる人件費が浮くため料金を下げてくれる場合があります。

もし外に出す場合は問い合わせの際に、自分たちで不用品を外に出すといった趣旨を伝えておきましょう。基本料金を安くしてくれる可能性があります。ただし、二階から一階へといった、重量物を運ぶ際は注意して下さい。転倒や怪我の恐れがある場合は素直に業者に任せておきましょう。

安くなるポイント⑧作業を手伝う

業者は作業に必要なスタッフを決めて、人件費などを含めて料金に反映させます。ですので、自分が作業の手伝いに入ることで業者の人件費を削ることができます。もし手伝うことを希望するなら、回収業者に事前に伝えておきましょう。

安くなるポイント⑨できるだけ自治体の回収サービスを利用する

自治体の回収サービスを利用すれば、基本的には無料で不用品を回収してもらえます。しかし、回収日が限られており、また回収場所まで自力で不用品を運び出さなければなりません。

粗大ゴミを処分する場合には費用がかかるため、あらかじめ料金や支払い方法などを自分で把握しておく必要があります。自治体によってルールが異なるので、自分が住んでいる場所の自治体のWEBサイトなどできちんと確認しておきましょう。

安くなるポイント⑩ネットで不用品を販売する

フリマサイトやオークションなど、ネット上では使用しなくなったものを売却することができます。また、不特定多数の相手を対象に販売する形式なので、売れる可能性は非常に高いです。

ただし、梱包から配送、購入者への対応など自分ですべて行う必要があります。また、すぐには売れない可能性があり、しばらく不用品を在庫として持っておく必要もあります。

時間と不用品の置き場に余裕があり、少しでも高く売りたい場合はネットを活用した処分をオススメします。

不用品回収業者を利用するメリットとは?

不用品を回収するために不用品回収業者を利用するメリットとはなにがあるのでしょうか?

ここでは不用品回収業者ならではのメリットをご紹介していきます。他のサービスや自分で処分を考えている方はぜひ参考にしていただき、業者を利用するか一度考えてみて下さい。

自分が都合の良い日・時間に不用品回収ができる

自治体の回収サービスは料金は安いですが、指定された日時に自分で不用品を運び出さす必要があります。急遽処分したくなったときや、仕事の都合で時間が合わないときは、不用品回収業者に依頼すれば希望の日時に回収してくれます。運び込み作業も業者が行ってくれますので、体力的に自信がない方は業者の回収サービスを利用する方がいいかもしれません。

自治体で処分できない物でも回収してもらえる

家電リサイクル法により、リサイクルの対象として定められているものを処分する場合は自治体の回収サービスを利用できません。そのため業者に依頼して処分する必要があります。家電リサイクル法の対象となるのは、エアコン、洗濯機、冷蔵庫、テレビなどです。

また、危険物や一般的には回収が困難なもの(液体、薬品等)、重量物のあるものでも専門の回収業者なら難なく回収を行ってくれます。

大量の不用品を一斉に処分できる

自治体の回収サービスでは、自分でゴミを分別して袋に分けて入れる必要があります。そのため、不用品が大量にあると一度では作業しきれない可能性があります。一方で不用品回収業者であれば、大量の不用品も1日ですべて回収することができます。

また、作業量も一人ではできないため業者を利用すれば短時間ですべての作業を行ってくれます。

家具の解体を任せられる

タンスやベッドなどの大型家具を処分する際は解体が必要なってきます。一般の素人では回収な困難な家具でも回収業者なら専用の工具も常備しているためすべての家具を解体することができます。もし解体ができなければ、自治体の回収サービスでも回収してもらうことができません。

ただし業者を利用する場合、解体料金がかかる場合もあります。

不用品の運び出しから依頼できる

不用品を業者に運び出しをしてもらえば、作業中に室内に傷がつくリスクはほとんどありません。慣れない作業をしていてケガをすることもないため、余計な心配をせずに済みます。

悪質な不用品回収業者の特徴を確認しておこう

不用品回収業者は日本全国に数多くいるため、中には悪質なところも存在するのが現状です。ここでは、悪質な不用品回収業者を見分けるためのポイントを解説します。

一般廃棄物収集運搬業者でない、無許可業者がいる

家庭の不用品を処分するには、市町村区から一般廃棄物収集運搬業の許可を得る必要があります。許可を得ずに不用品回収業者を名乗っている場合、違法営業をしていることになります。

もし違法営業をしている業者に依頼してしまうと、高額な料金を請求されてしまう場合があります。絶対に違法営業をしている業者には依頼しないようにしてください。

公開されている会社情報が少ない

業者の情報をチェックするときは、必ず会社情報に目を通しましょう。住所や電話番号が記載されていない場合、実態のない組織である可能性があります。悪質な業者の場合、まったく関係ない住所や電話番号を記載しているケースもあるため注意してください。

利用者の口コミが悪い

不用品回収業者を選ぶときは、利用者の口コミも重要な情報源になります。口コミが悪いと、実際に依頼しても不満をもつ可能性があります。ただし、あくまでも第三者の意見なので、鵜呑みにせず慎重に判断することが大切です。

わからない部分があれば直接電話して聞いてみましょう。

ホームページやSNSが長い間放置されている

ホームページやSNSが更新されていない場合、営業体制に問題がある可能性があります。ただし、良質な業者のなかには、そもそもホームページやSNSをあまり活用していないところもあります。印象がいい業者を見つけたときは、まずは電話やメールで問い合わせて相談してみましょう。

まとめ

不用品回収業者をなるべく安く利用するには、この記事で紹介した各ポイントを押さえることが大切です。ちょっとした心がけで大きく料金を下げられる可能性もあるため、できることから取り入れてみましょう。

一般廃棄物収集運搬業を取得しているリサイクルショップみやぎでは、電話相談や見積もりも無料です。また、キャンセル料もかからないため、安心して依頼を検討できます。宮城県仙台市を中心に活動していますが、全国にも対応しております。不用品をスムーズに処分するためにぜひ利用してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる